数あるラブコメのラノベ作品の中から、個人的に今激推しの作品を3作品紹介していきます。

これからでも作品をリアルタイムで追えるように、比較的新しい作品の中から厳選しました。

次どの作品を読もうか悩んでいる人やこれからラノベを読み始めようとしている人は是非見ていってください!

わたし、二番目の彼女でいいから。

引用:わたし、二番目の彼女でいいから。 | 書籍情報 | 電撃文庫・電撃の新文芸公式サイト (dengekibunko.jp)

1作品目に紹介するのは、『わたし、二番目の彼女でいいから。』です。

西条陽(にし じょうよう)先生による作品で、2021年より電撃文庫にて刊行されています。

イラストはRe岳先生が担当しています。

2023年7月7日に最新6巻が発売され、現在全6巻刊行済みとなっています。

「このライトノベルがすごい!2023」で総合新作部門第3位を受賞し、今注目の作品です!

なにより、僕が今一番推しているラノベ作品です!

あらすじ

「私も桐島くんのこと、二番目に好き」

俺と早坂さんは互いに一番好きな人がいるのに、二番目同士で付き合っている。

それでも、確かに俺と早坂さんは恋人だ。

一緒に帰って、こっそり逢って、人には言えないことをする。

だけど二番目はやっぱり二番目だから、もし一番好きな人と両想いになれたときは、この関係は解消する。

そんな約束をしていた。

 そのはずだったのに――

「ごめんね。私、バカだから、どんどん好きになっちゃうんだ」

お互いに一番好きな人に近づけたのに、それでも俺たちはどんどん深みにはまって、歯止めがきかなくて、どうしても、お互いを手放せなくなって……。

 もう取り返しがつかない、100%危険で、不純で、不健全な、こじれた恋の結末は。

引用:わたし、二番目の彼女でいいから。 | 書籍情報 | 電撃文庫・電撃の新文芸公式サイト (dengekibunko.jp)

見どころ・おすすめポイント

普通のラブコメが飽きてきてしまった人や刺激が欲しい人には特に刺さる作品だと思います。

不純で不健全ながらも羨ましいと感じざるを得ない物語。

エッッ!!なところもそこそこあり、かなり刺激的です!

前半もすごく面白いのですが、後半は目が離せない展開が続きます!

後半で面白さがさらに爆発!というような印象です。

ヒロインはそれぞれ個性がはっきりしていて、かわいくて、めちゃくちゃ魅力的です!

毎回毎回次巻の発売を待ち遠しく感じるほどどっぷりと物語に浸かれます!

一回読んだらやめられない、そんな中毒性がある作品です。

男嫌いな美人姉妹を名前も告げずに助けたら一体どうなる?

引用:「男嫌いな美人姉妹を名前も告げずに助けたら一体どうなる?」みょん [角川スニーカー文庫] – KADOKAWA

2作品目に紹介するのは『男嫌いな美人姉妹を名前も告げずに助けたら一体どうなる?』です。

みょん先生による作品で、2023年より角川スニーカー文庫にて刊行されています。

イラストはぎうにう先生が担当しています。

2023年6月30日に最新2巻が発売され、現在全2巻刊行済みとなっています。

こちらの作品も個人的に今かなり推している作品です!

あらすじ

強盗に襲われていた所を助けた同級生の美人姉妹。

彼女たちには“男嫌い”という噂があるが……。

大きな胸を押し付け甘えてくる妹・藍那、メイド姿で俺にご奉仕したがる姉・亜利沙――なぁ噂と全然違くないか!? 

そんな俺は全くもって気が付かなかった。

姉妹にとって『俺だけが特別』ということに、だ。

「愛し合って彼の子供を産みたい」「隼人様に隷属したいの」

「じゃあ姉さん、一緒に隼人君をあたしたちの愛に沈めよう?」

……このままじゃダメになりそうだ。

でも二人が与えてくれる愛は思わず身を委ねたくなるほどに心地よい甘さで――!?

一度はこんな風に愛されたい、濃密ハーレムラブコメ開幕。

引用:「男嫌いな美人姉妹を名前も告げずに助けたら一体どうなる?」みょん [角川スニーカー文庫] – KADOKAWA

見どころ・おすすめポイント

ラブコメ作品のほとんどが主人公がヒロインと結ばれるまでの過程を描いたものですが、この作品は主人公とヒロインが結ばれた後のイチャラブがかなり多く描かれています!

付き合うまでの甘酸っぱさを感じられる部分は少ない分、付き合った後の超甘々な感じを存分に味わえます!

それにエッッ!!なシーンもそこそこあり、刺激に飢えている中高生にはめちゃくちゃおすすめです!

姉妹のヒロイン2人が主人公と付き合うハーレム展開なので、普段のラブコメでは味わえない超濃密なラブコメが味わえます!

ヒロインもめちゃくちゃかわいいです!!

この△ラブコメは幸せになる義務がある。

引用:「この△ラブコメは幸せになる義務がある。」榛名千紘 [電撃文庫] – KADOKAWA

3作品目に紹介するのは『この△ラブコメは幸せになる義務がある。』です。

榛名千尋(はるな ちひろ)先生による作品で、2022年より電撃文庫にて刊行されています。

イラストはてつぶた先生が担当しています。

2023年7月7日に最新4巻が発売され、現在全4巻刊行済みとなっています。

「第28回電撃小説大賞」で金賞を受賞しており、注目の1作です!

平和な気持ちでゆったりと読めるのでおすすめです!

あらすじ

「なんであんたが麗良に好かれるのよ!?」

平凡な高校生・矢代天馬は偶然にも、同じクラスのクール系美少女・皇凛華が彼女の幼馴染の清楚系美少女・椿木麗良を溺愛していることを知ってしまう。

そこから天馬は、凛華が麗良と仲良くなれるよう協力することになるのだが──。

「矢代君が凛華ちゃんと付き合ってないなら、私が彼女に立候補しちゃおうかな?」

「矢代、あんたなにしたの!?」

その麗良は天馬のことが好きになり、学園の美少女二人との三角関係へ発展!

複雑に絡まったこの恋の行方は……!?

電撃小説大賞《金賞》受賞! ラブコメ史上、最も幸せな三角関係が始まる!

引用:「この△ラブコメは幸せになる義務がある。」榛名千紘 [電撃文庫] – KADOKAWA

見どころ・おすすめポイント

一味違った三角関係が楽しめる、そんな作品です!

「三角関係」と聞くとドロドロしてそうな印象を受けますが、この作品はそんなことはなくすごく平和な物語です。

読んでいて心が癒されるよな、すごく幸せな気分になれます。

主人公とヒロインのボケツッコミなどクスっとなるようなそんなシーンもあり、ゆったりと微笑ましい気持ちで、自分のペースで読むことができるのも魅力の1つだと思います!

ヒロインの1人である麗良の純粋なかわいさがすごく癒されます。

まとめ

ということで個人的に激推しのおすすめ作品を3作品紹介してきましたがどうだったでしょうか?

ラブコメは現実で恋愛をすることができない僕の心を満たしてくれるので大好きなジャンルです!

ヒロインもみんな可愛くて、見てるだけで幸せな気持ちになれるんですよね。

今回紹介した3作品はどれも超おすすめなので是非チェックしてみてください!

この記事が次に読む作品決めやラノベデビューの役に立てば幸いです。

ご覧いただきありがとうございました!