大人気作品「東京喰種」。物語が素晴らしく面白いのはもちろんのこと、コミックスの表紙もすごく魅力的です!

”無印東京喰種”と東京喰種:reの魅力的な表紙たちをそれぞれ読む順番で見ていきましょう!

「東京喰種」という作品を知らない人のためにもあらすじや基本的な情報も載せているので是非見ていってください!

東京喰種とは?簡単に解説

引用:東京喰種トーキョーグール 1/石田 スイ | 集英社 ― SHUEISHA ―

「東京喰種」は石田スイ先生による漫画作品です。週刊ヤングジャンプにて掲載され、単行本は集英社から出版されました。

”無印東京喰種”が2011年~2014年に連載され単行本巻数は14巻、「東京喰種:re」が2014年~2018年に連載され単行本巻数は16巻、計30巻の作品です。

東京喰種のあらすじ

人間社会に紛れ込み、人を喰らう正体不明の怪人喰種(グール)が蔓延する東京。

上井大学に通う主人公・金木研は女性の喰種・神代利世に襲われ瀕死となるが、工事現場から落下した鉄骨がリゼに当たったことで捕食を免れ、一命を取り留める。

しかし事故による手術の際に、喰種であるリゼの臓器を移植されたことで、カネキは半喰種となってしまう。

それ以来、カネキは苦悩と恐怖に満ちた日々を送ることになる。

引用:東京喰種トーキョーグール – Wikipedia

”無印東京喰種”

引用:東京喰種トーキョーグール 1/石田 スイ | 集英社 ― SHUEISHA ―

無印東京喰種では半喰種となってしまった主人公・金木研が喰種のコミュニティの中で生きていく姿が描かれた物語。

喰種からした敵対勢力、対喰種の組織CCGとの戦闘が多く描かれています。

喰種同士の戦闘もありどれも大迫力で見ごたえがあります。

東京喰種:re

引用:東京喰種トーキョーグール:re 1/石田 スイ | 集英社 ― SHUEISHA ―

無印東京喰種が喰種側の視点から描かれた物語なのに対し、東京喰種:reでは対喰種組織のCCG視点で物語が進みます。(無印東京喰種から時系列は続いている)

喰種とCCG、2つの視点からの物語があることで「喰種としての正義」と「人間としての正義」の両方を垣間見ることができて、作品の重みが増しているように感じました。 

表紙一覧

”無印東京喰種”

6巻までは背景が白なのに対し、7巻以降は背景に色がつくようになってますね。

どの表紙も魅力的で、見てて飽きないです…!

それに、作中だけではなく表紙にも伏線がちりばめられているのでそれについて考えるのも楽しいですね。

東京喰種:re

無印東京喰種の表紙に比べてかなり芸術的(?)になった印象があります。

淡い色合いが独特な雰囲気を醸し出していて、すごく好きです。

まとめ

東京喰種の表紙は、オシャレさ×綺麗さ×不気味さというような感じで唯一の存在感があってすごく良いですよね。

物語でもそれ以外の部分でも楽しめるので少しお得な気分です。

部屋に飾っていてもインテリアとして成立するほど素晴らしい表紙でいろいろと活用できそうです。

みなさんは何巻の表紙が一番好きですか?

僕は東京喰種:reの1巻の表紙が特に好きです!

この記事をご覧いただきありがとうございました!

何かの参考になってくれれば幸いです!